ロックロール小節

小節ではなく、小説でした。

オヤジ・エイジ・ロックンロール

熊谷 達也 / 実業之日本社



読んで字の如く、若かりし頃にロックバンドをやっていたおやじが、五十手前で再びロックバンドを始めるというお話。
今の自分そのままですわ。
これに該当する中年男性、結構いるのでは。

面白くてあっという間に読了。
どこにでもいる普通の中年男性が主人公の、日常を描いた小説なので読了後は後味スッキリ!
親近感も手伝って、久々にいい小説を読みました。
[PR]
by beatani | 2010-04-25 19:10 | 雑感 | Comments(2)
Commented by ティム子 at 2010-04-26 08:34 x
おばさんバージョン書いて
自費出版したら
印税で暮らせるかな?(笑)
Commented by beatani at 2010-04-27 01:02
ティム子さんの生き方そのものが、もう小説みたいですからね。
波瀾万丈でイケテルねえさんのお話ならバッチリでしょう。
目指せ印税生活!(笑)