懐かしく思った映画

今年に入って初めて映画館へ行ってまいりました。

観た映画は
ラッシュ/プライドと友情
F1の映画です。
ジェームス・ハントとニキ・ラウダの1976年に実際にあったストーリー。

いや懐かしい!
当時自分は小学生で、今みたいにF1がメジャーではなかった時代の話です。
自分でもかすかに覚えている程度。
それでも、マリオ・アンドレッティ、ジャック・ラフィット、ロニー・ピーターソン、カルロス・ロイテマン…
懐かしい名前が出て来ました。
しかも最終戦は富士スピードウェイの日本グランプリですから。
当時、インターネットなんて無かったので、ヨーロッパのF1の情報なんてすぐには入らなかったからね。
TBSでちょこっとダイジェストをやるくらい。

映画の方はF1好きな人なら楽しめるんじゃないかな。
ま、そうでない方でも実際にあった話を映画化しているので、全くのフィクションよりは面白いかも。
事実は小説より奇なりですからね。
個人的に楽しめた映画でした。
[PR]
by beatani | 2014-02-23 22:04 | 雑感 | Comments(2)
Commented by サイア at 2014-02-24 19:51 x
F1は、欧州ではメジャーなスポーツですよね。
まるで競馬みたい。(誤爆)
F1というと日本では、深夜にテレビ中継がある程度でしょうか?
私自身は、片山右京ぐらいしか知らないし。(苦笑)
Commented by beatani at 2014-02-24 21:46
F1は欧州発なのでアメリカではあまり人気がないようです。
レースなので、そういう意味では競馬と一緒ですよ。
バブルの頃はもの凄い人気でしたが、最近は深夜にしかテレビでやらないのでさっぱりです。
自分も最近は観ていませんし…
片山(カミカゼ)右京さんはスポーツ自転車に乗ったり、引退後は多方面で活躍しているようです。