喪が明けた

久々の更新です。

1月末に父が亡くなりました。
昨年の秋から入院したのですが約4カ月で力尽きました。
その父が亡くなる1週間前に母が体調を崩し入院。
一瞬身動きができなくなりプチパニックに。
通夜は行わず、葬儀は大きくせずに少人数の親類だけで。
母は病院の外出許可が出たので葬儀に参加し、父と最後のお別れができました。
その後母は2月中には退院できました。

後は事務処理が大変でした。
母は介護認定を受けていて動けません。
弟は出張続きで東京にはほとんど居ません。
自分が一切をするしかありません。
情けない話ですが自分は体力がある方ではないのでヘトヘトになりました。
慢性疲労で数日会社を休んでしまった事も。

そして、四十九日と納骨が終わり喪が明けました。
やらなければならない事が残っていますが、なんとか一区切りついた感じです。
体調がまだ悪いのですが倒れないように、できる範囲で親孝行ができればと思う今日この頃です。

東京は桜が三分咲き。
長く辛い冬が終わり、自分にも春の兆しが見えてきました。
f0219718_1642755.jpg

[PR]
by beatani | 2016-03-28 16:07 | 介護 | Comments(2)
Commented by サイア at 2016-03-28 18:54 x
お疲れ様です。改めて振り返ると、怒涛の数ヶ月でしたね。
春の訪れと共に、少しずつ落ち着いてきていると思います。
疲れを溜め込まない程度に頑張って下さいね~!
Commented by beatani at 2016-03-28 21:16
サイアさん、ありがとうございます。
悔いが残らないよう、できる範囲で頑張ってみました。
途中バテちゃいましたが(笑)
後は少しずつやっつけて行きたいと思います。