カテゴリ:楽器( 1 )

エレキギターのお話です。

エフェクター買っちゃいました。
f0219718_059672.jpg

クロサワ楽器のStaffordとMaxonのコラボで、チャーがプロデュースしたという例のエフェクター、「HizMax」。
東MAX!じゃありませんよ(笑)
しっかりとチャーさんの写真が付いていました。

人それぞれ、自分の出したい音色があると思います。
自分は最近のチャーさんの音色がツボでして、あの歪んでいる様でいてコードは濁りが少ない、そしてちょっと古臭いあの枯れた様な音が好きなんですわ。

ひょっとして、もしかしたらいい感じのあの音が出るのかも?
って事で、楽器屋で試奏。
楽器屋さんで試奏ってテンパリますね。
しかも、楽器屋で音出しして家で弾くと、あれ?こんなもん??
てな事もあったりしがちですが今回は違いました。

自分の欲しかった音がする!
うれしい!
もちろん、チャーさんと同じ音は出っこないんですが、あのチャーさんぽい音がする!
とにかく自分にとっては気持ちのいい音が出るんですよ。
ゲインゼロではアンプのまんまの音がでますので、クリーンブースター的な使い方もできますね。
ヒズマックスしようぜ!ってキャッチコピーが付いていますが、ゲインを最大にしてもそれほどは歪みません。
オーバードライブな感じです。

レスポールで弾いても、もちろんいい音がしますが、シングルコイルPUをメインで使用しているチャーさんプロデュースなので、ストラトで弾くとよりいっそう気持ちのいい音がします。
アタック音がカリっとしていい感じなんですよ。

チャーさんに近い音が出ますので、そう言った意味ではクセのあるエフェクターかも。
後はそれほど歪まない分ピッキングニュアンスの反応がいいので、自分の様な下手っぴな人間が弾くとモロに出ちゃいますから注意が必要、というか練習が必要ですね。

ま、色々とありますが久々に好みの音に出会えて今の所は楽しんでいます。
f0219718_134780.jpg

末永く愛用して行きたいと思います。♫
[PR]